一般社団法人 日本観光経営学会

ABOUT
法人概要

一般社団法人日本観光経営学会とは

設立趣意

2003年の観光立国宣言によって、観光は21世紀のリーディング産業として位置づけられ、国の成長戦略の大きな柱の一つとされました。そして、2007年に観光立国推進基本法が施行され、2008年に観光庁が設置されると、官民一体で観光振興に向けた取り組みが進められてきました。日本社会が人口減少、国内産業の空洞化、地方衰退という閉塞状況にあって、観光は地域経済の活性化や雇用の創出等に非常に大きな役割を果たすものと期待されています。しかし、諸外国との観光客誘致競争の激化、観光産業の低い生産性、観光振興による経済効果の地域間格差等、様々な課題を抱えています。

このような状況のなかで、観光立国をめぐる諸課題に取り組み、観光産業の国際競争力向上を担う観光経営マネジメント人材が求められています。日本では観光が社会的に注目を集める中、多くの大学で観光関連の学部・学科が相次いで新設されてきました。日本の観光関係高等教育機関では、人文・社会科学という既存の学問領域を土台にして、観光という現象を学ぶことが主流となっています。しかしながら、海外の観光関係高等教育機関では、観光を実学の面から捉え、その経営について学ぶことが主流となっており、観光経営マネジメント人材の育成において日本は諸外国に後れを取っています。

また、観光研究に関しても、海外では観光産業の経営的課題を学術的に研究するという実学的なアプロ―チが一般的であり、経営学を基礎としたアプローチ方法が主流となっています。これに対して、日本の観光研究は、社会学、文化人類学、地理学、経済学、経営学等、多様なアプローチ方法が混在しているのが実情です。それは観光研究の多様性を表現しているという一面があるものの、社会的ニーズという観点からみれば観光経営学のさらなる発展が必要となります。

日本観光経営学会は、観光に関する学術的研究のみならず、ビジネスとアカデミックの接点を対象とし、それらの健全な発展に寄与することを目的としています。

名称日本観光経営学会
英語名称:Tourism Business and Research Association of Japan
※ 本学会は「一般社団法人日本観光経営学会」として法人格を取得しております。
 
役員
代表理事
石﨑祥之立命館大学経営学部教授
理事
小川正人株式会社ANA総合研究所 取締役会長
理事
小畑力人神戸山手大学現代社会学部客員教授
理事
小林弘二阪南大学国際観光学部教授
理事
住田弘之南海電気鉄道株式会社 取締役
理事
高橋伸佳株式会社JTBヘルスツーリズム研究所 所長
理事
西田淳一りえぞん企画株式会社 代表取締役専務
理事
西村典芳神戸山手大学現代社会学部教授
理事
廣岡裕一京都外国語大学国際貢献学部教授
理事・事務局
大島知典阪南大学流通学部専任講師
 
所在地〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島6丁目6-6NLC新大阪11号館4F
 
連絡先お問い合わせフォームよりご連絡ください。